オススメリンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
  • 写真を眺めるドクター
  • 手術中

postheader検査と症状

険しい表情のドクター

病院の検査や治療方法
その脳動脈瘤の病院での検査や治療方法は、カテーテルを脳血管に注入して、像影済を入れる方法である、脳血管造影やMRI,MEAでの検査画像をもとに脳動脈瘤の判断が出来ます。
また脳動脈瘤であった場合の病院での治療には、その病気の症状や原因等の様に多様な要因から治療を行うのです。
ですから治療方法はケースバイケースですが、常に喫煙や高血圧の場合には気をつける必要があります。
また年齢や性別でも病院での受診や検査等で様子を見なければいけない要因がいくつもあります。
ですから脳腫瘍や脳動脈瘤の遺伝性の家系では、十分な定期検査が必要です。
概念、分類について
 頭蓋内に生じるすべての新生物を脳腫瘍という。
発生の頻度は、全剖検例の2%である。
脳実質、髄膜、脳血管、下垂体、脳神経、先天性遺残組織などに原発する腫瘍と、身体他部の悪性腫瘍の転移とがある。
 種類と頻度では、神経膠腫が最も多く、膠芽腫、星状細胞腫、退形成性星状細胞腫がこれに次ぐ。
これらの発生には年齢および部位に特徴がある。
 身体他部の悪性腫瘍の脳転移の原発腫瘍としては、肺がん、乳がん、消化器がんが多い。
 類似疾患に脳動脈瘤があるが、これは脳内の血管の一部が膨らむことによるものである。

症状について
 頭蓋内圧亢進症状と局所神経症状に分ける。
頭痛、嘔吐、うっ血乳頭は脳腫瘍の3大兆候とされている。
局所神経症状としては、最初は刺激症状、後には脱落症状を示すことが多い。
 大脳の腫瘍は前頭葉、中心溝付近、後頭葉、側頭葉で発生しやすい。
皮質に近い場合はけいれん発作、知能障害、情緒障害などが見られ、深部にある場合には頭蓋内圧亢進症、平衡障害、精神症状が見られる。
 下垂体、視交叉部腫瘍では視力・視野障害と内分泌障害を特徴とする。
検査と治療について
 自覚症状や、病院での神経学的検査の結果、脳腫瘍の疑いがある際には、頭蓋X線検査写真、CT、MRIなどの検査を行う。
病院によってはCTやMRIなどの設備を保持していないため、あらかじめ確認しておく必要がある。
 治療には脳外科的な摘出手術、放射線療法、ガンマナイフやLINACを用いた放射線外科治療、大量化学療法などがあるが、これも病院によって可能なものとそうでないものがあるのであらかじめ病院に確認しておく必要がある。

postheader治療方法

手術中

脳動脈瘤とは
脳の動脈のある部分がコブ状に膨らんだ状態を脳動脈瘤といいます。
このコブは、脳の底にある大きな血管が枝分かれしたところで多く発生します。
枝分かれした部分が、血流に押されるように膨らんできます。
大きさは直径2mm程度のものから25mm以上の大きなものまでできますが、10mm未満の大きさで発見されることが多いです。
この脳動脈瘤が破裂すると、脳を包んでいるくも膜の内側で出血します。
これがくも膜下出血です。
くも膜下出血が起こると生命にかかわります
脳出血の治療
くも膜下出血は、病院に運ばれてきた段階で重篤な状態ですと、その後の治療や回復が難しくなります。
そのため、破れる前に脳動脈瘤を発見して、くも膜下出血を予防しようという取り組みが進んでいます。
その結果、最近の画像診断技術の向上と、脳ドックの受診率の増加によって、無症状の状態で発見されることが多くなりました。
脳動脈瘤が発見された場合、現在有効的だと考えられているのは外科治療です。
頭蓋骨を開いて動脈瘤をクリップで閉塞する手術と、極細の管を用いた脳血管内治療の二つがあります。

恐ろしい脳腫瘍とは
脳腫瘍と言う言葉をTV等のドラマでよく耳にしますが、頭蓋内組織に腫瘍が発生してしまう恐ろしい疾患です。
その脳腫瘍は脳内に腫瘍がある為に切除を行うのが、脳外科の専門病院で手術を行います。
しかし脳内の腫瘍ができた箇所や腫瘍の大きさによって、手術が困難な場合があります。
これは外科医の中でも花形といわれる【神の手を持つ】ゴットハンドの仕事として、困難な手術でもあるのです。
その他の脳内の手術が必要な疾患には、脳梗塞や能卒中、脳動脈瘤等があります。
脳動脈瘤とは
その脳動脈瘤とは、遺伝等の先天性の為に脳の動脈壁が瘤状になっている事ですが、その為に破裂しやすくクモ膜下出血の原因になります。
その脳動脈瘤から脳内血管の破裂を呼ぶのですが、血圧が上がった場合に破裂を呼ぶ事が多いので、その為に検査からの予防や治療が必要です。
何故ならば、脳内を圧迫することから動眼神経の圧迫等の恐ろしい症状がおこるからです。
しかしそれは、脳動脈瘤の破裂をしない限りは無症状と言われています。
その為に脳動脈瘤の正しい検査が必要なのです。